All posts tagged: 夢中見

夢中見

張維中(1976-)的散文,從來是素顏相見,老老實實寫生活所遇的地殼變動:父親辭世後的「夢中見」、日本311震災當日實況及其後種種、朋友和家人所共織的無限繫絆、流星般擦過心臟邊緣的類愛情……或短或長的篇章,以輕快甚至帶點諧趣的文字,將旅居東京所感所惑說出。

終於清晰了的惘然|郭強生看張維中

張維中散文《夢中見》推薦序 文=郭強生   維中當然不算是新人了,事實上他已經是擁有許多粉絲讀者,並且出書超過十餘本的「資深文青」了。而且我認識他早在他還在大學唸書的時候,那時候好友曼娟的「紫石作坊」都還沒掛牌,她跟我提起她有幾個學生的文筆相當好,維中便是其中之一。但是維中給我的印象總是有點兒遙遠而模糊的,不時會聽說他的最新動向,偶爾見面客氣地招呼,但是老實說,近年來我對他的印象似乎一直停留在「東京」二字尚未更新。

夢で会いましょう

僕の夢にはよく、身近な人が出てくる。母さんや姉さん、甥っ子や姪っ子、友達や先生(時には先生じゃなくその家族)、それから同僚。もちろん、まったく知らない人が出てくることだってある。例えば大好きなアイドル。それに、好きでもなんでもないけど、総統(大統領)が出てきたこともある。知り合いであろうとなかろうと、夢の中で、僕はその誰とも親しげだ。